Choose another language.

見て、祈り、働く、第2部
 
TEXT:Mark 13:32-37
 
32しかし、その日とその時は、人を知りません。天にいる天使でも、息子でもなく、父でもありません。

33心に留めて、見て、祈ってください。時が来たら、あなたは知りません。
 
34人の子は離れて旅をする男のようであり、家を去り、自分のしもべたち、そして仕事のすべての人に権威を与え、ポーターに見せるよう命じた。
 
35それゆえ、あなたがたは知っている。家の主人が来るときでさえ、夜でも、真夜中でも、雄鶏でも、朝でも、知りません。
 
36突然、彼はあなたが眠っていることを知ります。
 
37わたしがあなたに言うことは、すべての人に言います。

---祈り---
 
見て、祈り、働く、第2部
 
ビリー・グラハムは、「キリストの再臨についての聖書の教えは、「終末期」の説教と考えられていました。もうそうじゃない。それは、暗い世界で常に明るく輝く光のように輝く希望の唯一の光線です。
 
最後のメッセージで、私たちはイエス・キリストの再臨を待っているときにやっているべきことを指導するために、ドア・キーパーの寓話、または主の家の寓話 を見て始めました。神の恵みによって、私たちは主の復帰まで忠実で忙しいべきです。私たちはそれぞれ、主の肉体的欠如の最中に行うべき仕事を持っていま す。
 
イエスはこの譬をわたしたちが守らなければならない三つの命令で始める。第一は、「覚えておいてください」。このフレーズは、注目したり、注目したりする ことを意味します。イエスは、私たちが彼、彼の命令、および彼の例に注意を払うことを望んでいます。私たちはこの地球上の彼の代表者でなければなりませ ん。あなたが特定の権限の前にあなたを代理するために誰かを派遣した場合、あなたは彼らが特定のやり方で行動することを望んでいます。同様に、イエスがど のようなものかを見るために世界が私たちを見ているので、イエス様は私たちが世界で特定のやり方で行動することを望んでいます。イエスの模範に従うなら ば、私たちは彼に注意を払わなければなりません。
 
しかし、私たちの多くは、世俗的な追求、政治指導者、または個人的な進歩に目を向ける。私たちはイエスの復帰の準備ができておらず、準備をすることにも興 味はありません。私たちは、イエス・キリスト以外のすべてに目を向けました。あなたは今日誰に注意を払っていますか?あなたの耳は誰ですか?あなたの目は 誰ですか?もっと重要なのは、あなたの心を捉えたのは誰ですか?あなたはジョンと言っていますか?「でも、主イエスよ、来なさい」あるいは、あなたは、 「主イエス・キリストに来なさい、私がやりたいことをやり終えた後で」と言っていますか?
 
イエスが私たちに語っていることに注意を払わなければ、この世を去るためには、主イエス・キリストの恵みを体験することはできません。私たちが世界、肉、 悪魔から送られたメッセージに注意を払うと、私たちは満足していない、心配している、落ち込んで、そして不満に終わるでしょう。この世界は私たちの最も深 い憧れを満たすことができません。そして、それが見つからない幸福と充実を追求する時間を無駄にしてはいけません。代わりに、主の世帯のメンバーとして、 家のマスター、イエス・キリストに耳を傾けましょう。彼は長い旅に出たように見えるかもしれませんが、彼はいつも私たちと一緒にいて、決して私たちを捨て ることはなく、ある日、彼は私たちのために準備した場所に私たちを連れて帰るでしょう。
 
Frances J. Crosbyは次のように書いています。
 
マスターが来るときにそれを見て祈ってください。
朝、正午、または夜に、
彼はすべての窓にランプを見つけるかもしれませんが、
トリムされ、明確かつ明るく燃える。
 
見守って祈ったり、私たちの職務を辞めたりしないでください。
新郎の声が聞こえるまで。
それで彼と一緒に結婚の祝宴は、
私たちはいつも喜ぶでしょう。
 
見て、祈って、主は命じます。
見て、祈ってください。
まもなく、彼は愛する人たちを集め、
歌の幸せの谷に。
 
今、あなたがイエス・キリストを信じる者でないならば、私はあなたが彼が再び来ているので信頼することを強くお勧めします。ここでは、罪からの救いと罪の結果からあなたの信仰と信仰を置くことができるのです。
 
まず、あなたが罪人であり、あなたが神の法を犯したという事実を受け入れます。聖書はローマ人への手紙第3章23節でこう書いています。「すべてが罪を犯し、神の栄光に足りないからです。
 
第二に、罪のための罰があるという事実を受け入れます。ローマ6:23の聖書はこう書いています:「罪の賃金は死ですから...」
 
第三に、あなたが地獄の道にいるという事実を受け入れます。イエス・キリストはマタイによる福音書第10章28節でこう書いています。「肉体を殺すことは できないが、魂を殺すことはできないが、むしろ、地獄の中で魂と肉体の両方を破壊することができる者を恐れてください。また、聖書はヨハネの黙示録21章 8節にこう記しています。「恐れ、不信心、忌むべき者、殺人者、娼婦、魔法使い、偶像崇拝者、そしてすべての嘘つきは、有害生物:これは第二の死です。

今は悪いニュースですが、ここに良いニュースがあります。イエス・キリストは、ヨハネの福音書第3章16節でこう述べています。「神は世界を非常に愛して いるので、彼を信じる者は滅びるべきではなく、永遠の命を持つべきです。あなたの心の中で、イエス・キリストがあなたの罪のために死んで、葬られ、死人の 中からあなたのために神の力によって甦ったので、あなたが彼と永遠に生きることができるということを信じてください。今日、あなたの心に来るように祈り、 彼に尋ねなさい。
 
ローマ人への手紙第10章9節と13節は、「もしあなたが主イエスをあなたの口に告白し、神が彼を死人の中から育てたと信じるならば、あなたは救われるでしょう。主は救われるでしょう。
 
あなたがイエス・キリストがあなたの罪のために十字架上で死んで、葬られ、死から昇ったと信じるなら、あなたは今日あなたの救いのために彼を信頼したいと 思っています。この簡単な祈りを私に祈ってください。私は罪人であり、私は自分の人生でいくつかの悪いことをしています。私は自分の罪を残念に思っていま す。今日、私は自分の罪から背を向けます。イエス・キリストのために、私の罪を私に許してください。私は、私の心のすべてを信じて、イエス・キリストが私 のために死んで、埋葬され、再び立ち上がったと信じています。私はイエス・キリストを私の救い主と信じており、私は今日から主として主に従うことを選択し ます。主イエス様、私の心に来て、私の魂を救い、今日私の人生を変えてください。アーメン。
 
あなたがイエス・キリストをあなたの救い主として信頼し、あなたがその祈りをあなたの心から告げたなら、私はあなたに宣言します。神の言葉に基づいて、あ なたは今、地獄から救われ、あなたは天国へと向かいます。神の家族へようこそ!人生で最も重要なことをしてくださったことをお祝いします。それは、イエ ス・キリストをあなたの主と救い主として受け入れていることです。あなたがキリストの新たな信仰の中で成長するのを助けるためのさらなる情報については、 ゴスペル・ライト・ソサエティ・コム(Gospel Light Society.com)に行って、「あなたが扉を通って入る前に何をすべきか」を読んでください。イエス・キリストはヨハネ10章9節でこう言いまし た。「私はドアです。人が入ったら、救われ、出入りし、牧草地を見つけるでしょう。
 
神は貴方を愛しています。私たちはあなたを愛してます。そして、神があなたを祝福するかもしれません。